闇金対応にお困りの方へのアドバイス

現在、闇金問題にお困りの方でこちらのブログをご覧になられている方はいらっしゃいませんでしょうか?

なぜ突然こんなことを書こうと思ったかと言うと…
先日私の友人が、どうやら闇金からお金を借りてしまったらしく、
それがきっかけで連絡が取れなくなってしまったのです。

情報は定かではないのですが、
多方面から同じようなことを聞くのでまず間違いないと思います。

もともとお金にだらしない友人でしたので、
こういうことになったのもなんとくなく納得が出来るのですが、
それでも相手が闇金というのが何だかやるせなくなって、
せめてこれをお読みの方だけでも闇金には関わって欲しくないと思い書くことにしました。

闇金はお金に困っている人の足もとを見て、
高利で貸し付けを行う悪徳業者です。

友人も闇金なんかに頼るくらいなら自分を頼ってくれれば…
と思うのですが、きっとどうすることも出来なかったのでしょう。

実際、私のところに友人がお金を貸してほしいと言ってきても貸すかどうかは分かりませんが、それなりのアドバイスは出来たかもしれません。

もし今お金に困っていて闇金からお金を借りようと考えている人がいるのであれば、少し冷静に考えてみて下さい。現実問題として私には連絡が取れなくなった友人がいます。

こんなことにならない為にも、家族や友人などのことを考え、今一度冷静になって考えてみて下さい。

もしも、既に闇金からお金を借りてしまっているという方でこのブログを読んでいる方がいるのであれば、私から是非ご覧頂きたいサイトをご紹介させて下さい。

このサイトになります。

闇金対応110番※ヤミ金被害で弁護士へのご相談をお考えの方へ

このサイトには闇金の対応に関する様々な情報が書いてあります。
きっと参考になると思うのでよくお読みになられることをお勧め致します。

闇金とは絶対に関わらないようにしましょう。
困っているならまずは近くの人に相談をしてみて下さい。

キャッシング審査の前にすべきこと

キャッシングは、急な出費に対応できるとても便利な借入れですが、キャッシングにも当然審査があります。

キャッシングしたことない方の中には、「利用してみたいのだけれど審査にパスするか心配……」という方も少なからずいらっしゃるでしょう。

でも、次のポイントを押さえておけば大丈夫!

審査の前に押さえておきたいポイントを3つご紹介します。

 

キャッシング会社のホームページにある自動診断や仮審査のサービスを利用しよう

まず1つ目のポイントは、自動診断や仮審査といったキャッシング会社のサービスを利用してみることです。

キャッシング会社のホームページをご覧になった方はご存じと思いますが、大手のキャッシング会社では、インターネットを利用して簡単に借入れのための自動診断や仮審査を行うことができます。

ホームページ上のフォームに必要事項を記入すれば、わずか10~30秒でキャッシングできるかどうかの簡単な審査が受けられるのです。

この自動診断や仮審査は匿名で利用できるので、個人信用情報機関に履歴が残ることもありませんから、俗にいう申込みブラックになる心配もいりません。

フォームに記入する内容は、キャッシング会社により多少の違いはありますが、通常、年収や勤続年数、住居の形態(持ち家or賃貸)、希望する借入金額――などです。

記入が済んだら、送信タブをクリックすると、希望する借入金額の融資が可能かどうかが診断されてすぐに返信が来ます。

手間も時間もかからないので、キャッシングを申込んで本審査を受ける前には、ぜひ、この自動診断や仮審査を受けましょう。

ただし、この診断で融資OKと判定されたからといって、100%本審査が通るというわけではありません。

本審査では申込者の過去のキャッシングやクレジットの履歴も分かる個人信用情報機関の情報を照会して判断するので、万が一他社からの借入れなどで問題があった場合には、キャッシングの審査は通りません。

また、当然ですが、この自動診断や仮審査を行う場合にも、嘘の情報は記入しないように気を付けましょう。

 

インターネットで体験談などの口コミを利用しよう

2つ目のポイントは、インターネットでキャッシング会社の口コミ情報をチェックすることです。

気になるキャッシング会社名や知っているキャッシング会社名を入力すると多くのサイトがヒットします。

これらの中から実際に融資を受けた人の体験談や審査に落ちた人の体験談などをチェックしていけば、融資が受けられるかどうか、自分くらいの年収だとどのくらいの融資が受けられるのか、どのキャッシング会社が自分に向いているか――などがおおよそつかめます。

また、利用に適さないキャッシング会社も洗い出せるでしょう。

 

個人信用情報をチェックしよう

そして3つ目のポイントは、ご自分の個人信用情報をチェックしておくことです。

キャッシングの審査では、個人信用情報機関に記載された過去のキャッシングやクレジットの履歴、公共料金や携帯電話料金などの支払いの状況――などがチェックされます。

この個人信用情報機関にある情報は、本人が情報の開示請求をすれば閲覧することが可能ですから、一度チェックしておくことをおすすめします。

自分の情報がどのようになっているのか知ることで、審査をパスできるかどうかをおおよそ見極めることができます。

また、もし、その情報に誤りがあれば、訂正を請求することもできます。

同姓同名の方の情報が入り混じっていたなどということもまったく無いとは言えませんので、一度チェックしてみる必要がありそうです。

すでに、審査を受けてパスできなかったことに疑問を感じている方も、開示請求してみてはいかがでしょう?

 

以上、3つのことをしておくだけで、審査に通りそうもないキャッシング会社に申し込んだり、無理な金額の借入希望はしなくなるので、審査が通りやすくなります。

それともう一つ、申込みの前には必要書類の準備も忘れないでください。

まず、キャッシングを利用するときには、運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類が必ず必要です。

住民票も本人確認書類となる場合がありますが、キャッシングにおいては本人確認書類にはならないことに注意してください。

その理由は、誰でも比較的簡単に手に入れることができるからです。

また、本人確認書類とキャッシングの申込みに記載する住所が異なる場合には、記載した住所が分かるものも用意しなくてはなりません。

公共料金の請求書や領収書などを用意しておけば大丈夫です。

5万円といった少額の借入れの場合は、必要書類は本人確認書類だけですみます。

しかし、50万円というように多額をキャッシングする場合や、他社も含む借入れ総額が100万円を超える場合には、源泉徴収票や給料明細書などの収入を証明する書類が必要です。実際にキャッシングを利用する前には、これらの書類の準備も忘れずにしておきましょう。

参考:瞬フリ

会社勤務先への在籍確認を電話連絡以外で行う方法

キャッシングの利用でネックとなるのが勤務先への在籍確認ですよね。
この在籍確認さえなければキャッシングしたいのに…と思われている人ってすごくたくさんいるんですよね。そんな人へ今回は有益な情報をお届けしたいと思います。

その方法とはどういうものかと言いますと、キャッシングの審査にお申し込み時に会社への電話連絡以外で在籍確認する方法は無いか?と確認してみるのです。多くのキャッシング会社では、電話連絡以外の在籍確認の方法をホームページなどにも記載していません。しかし、会社によっては確認することで電話連絡以外のキャッシングを行ってくれるところがありますので是非ともこういうサービスを利用するようにしましょう。

他には、電話連絡をしてくる人の名称を自分で指定出来るということです。
名前を指定することで変に思われてしまうかもしれないという方は、お母さんやお父さんなどと共に同じ名字でされてみてはいかがでしょうか?同じ名字であれば、家族や兄弟から携帯電話が繋がらずに電話が来たんだ…と思われる方もきっと多いと思います。

同様に、パートやアルバイトをされている方でも在籍確認を取ることが出来ます。
方法としては、勤務先であるアルバイト先やパート先に電話が来る訳ですから、その時に電話を取れるようにしておくか、電話を取ると思われる方には少し出て来いますと言ってもらえるように事前に伝えておきましょう。この時家族の名を指定しておけば自宅から電話が来たことは何かあったと判断され、今日は早く帰りなさいと言われるはずですので是非試してみて下さい。

最適な消費者金融は自分の状況によって違います

すべての人が同じ状況で消費者金融を利用しているわけではありません。
それぞれの方で状況が違うのですから、それぞれの方で最適なところも違ってきて当然です。
たとえば、正社員で収入も十分にあるのであれば、他で総量規制以上の借入でもしていない限り余裕で審査に通ることができます。
それが、主婦だったらどうでしょう。
パートをされていて収入がある方なら、レディースローンを利用するという方法があります。
ですが、専業主婦で自身の収入がない場合は、申込みができるところが限られています。
ご主人の収入と合算することで利用することは可能ですが、対応していないところもあるからです。
アルバイトや学生など、それぞれの立場で最適な選び方があります。
自分の今の状況に照らし合わせて、どこを選ぶのが良いのかしっかりと考えて選びましょう。
まず考えたいのがどこなら申込むことができるのか、そして最低支払金額がいくらに設定されているか、返済方法は自分に合っているかなどです。
余裕を持って生活をするためには、毎月の返済金額は収入の3割程度が理想です。
最低支払金額がそれ以上になってしまうと、途端に生活が苦しくなってしまい、返済がままならなくなることもあります。
そのようなことにならないように、最初にしっかりと選ぶことが必要です。
ネット上ではさまざまな情報を収集することができますから、それぞれの消費者金融の情報をよく見比べて自分に最適なところを選びましょう。

年末年始でお金を使い過ぎたらキャッシング

いよいよ2015年がスタートしました。
年末年始に遊び過ぎて仕事のやる気が出ないという人は多いかもしれません。
冬はまだまだ続きますし、次の楽しみである春までまだちょっと長いですし、春までのこの3〜4ヶ月を何をモチベーションに過ごそうか…と考えている人は意外と多いのではないのでしょうか。
それに、年末年始でお金を使い過ぎてしばらく遊べないという人も多いことでしょう。

モチベーションも低い…、お金もない…じゃ確かに全然楽しくないですよね。
冬ですし仕事をしたらそのまま家に帰って、寝て、翌日また仕事…そんな毎日は確かに楽しくありません。

でもお金があればそれなりに楽しめると思います。
この長い冬でもそれなりに楽しめるはずです。

…でも、年末年始で使い過ぎてお金がない。

そんなときだからこそキャッシングを利用しましょう!
冬は何かとお金がかかる上、年末年始の飲み会などでお金が無いという方こそキャッシングを利用するべきだと思います。こんな時だからこそ有効に活用するべきなんです。

最もマイナスなのは仕事に対するモチベーションが上がらないことだと思います。
しかし、冬の今の時期は誰もが同じです。
だからこそキャッシングでモチベーションを上げ、周りのやる気が出ない時にバリバリ仕事をこなし周りと差をつけてしまいましょう!楽しく過ごすことが仕事にもやる気を生み、仕事の評価はいずれ自分に跳ね返ってくるはずです。

キャッシングで全てが解決する訳ではありませんが、日々生きる上でお金というのは良い効果を生んでくれるはずです。自分のモチベーションを維持するのにキャッシングを利用する…こんな賢い利用方法もあるんです。

ちょっと仕事に身が入らないという方はキャッシングを活用してみて下さい。

闇金相談はどこで行うべきか?

今も昔も闇金という言葉は無くなりません。
手のひらで世界の情報をいつでも見れる今の時代でも、昔からある闇金は存在し続けるのです。

いえ、むしろそういう時代だからこそ闇金というのは存在し易いのかもしれません。

「情報」とは何でも鵜呑みにすれば良いものではありません。
ありふれた情報の中からどの情報が自分にとって必要か、そして、どの情報を手に取るかで人生は大きく変わっていきます。闇金も手に取ってはいけない情報の一つなのかもしれませんね。

どこにもお金を借りる先が無くなり、そんな時にお金を貸してくれるという人がいたら、例えそれがどんなに高金利でも借りてしまうかもしれません。…後先のことを考えずに。

そんな人間の心の隙を巧妙についた商売が闇金です。
高金利でお金を返すことがいつしか当たり前に感じてしまうかもしれません。

しかし、その「当たり前」は「当たり前」ではないのです。

闇金に手を染めてしまったら、利息がどんどん膨らむ前にすぐにでも闇金へお金を返済して下さい。そして、すぐに闇金との関係を断って下さい。関係を続けていれば、またどこかで闇金と関わってしまう可能性があります。

もしも闇金に返済が出来ないというのなら、闇金問題を解決してくれる法律事務所や司法書士などに相談するようにしましょう。どこにそんな機関があるのか分からないという方は、このサイトに訪れたように検索エンジンで検索してみると良いでしょう。

但し、罠はそこにも潜んでいたりします。
闇金とグルになり運営している法律事務所などもあるからです。

これから私がご紹介する法律事務所を紹介するサイトはとても信頼のおけるサイトです。
こちらのサイトをまずはじっくりと読んでみて下さい。

闇金に手を出してしまったことがどれほど危険なことかが分かると思います。
それが分かったらそのサイトで紹介している法律事務所へ相談して下さい。

大切なのは闇金問題を必ず解決するという意思です。

 

キャッシング利用の心構えはできていますか?

この現代社会、とにかくお金がかかります。

しかし、お金がかかるからと節約ばかりしていては、せっかく自分に訪れたチャンスをものにすることはできませんよね。

キャッシングは急にお金が必要になったときに、一時的に不足しているお金を補ってくれます。

そんな便利なキャッシングですが、使い方を誤ってしまうとヤケドをするので注意が必要です。キャッシングを利用するなら、キャッシングの心構えをきちんと把握しておきましょう。

と言っても、難しいことではありません。

以下の3つのことを把握しておくだけでいいのです。

・自分はいくら必要なのか
・いつまでに借りる必要があるのか
・毎月いくらまでなら返済が可能なのか

3つのことに注意してお金を借りるだけで、ゆとりを持ってその後の返済生活を送ることができますよ。
キャッシング業者がたくさんお金を貸してくれるからといって、無闇に借りてはいけません。あればお金は使ってしまうものです。後になって後悔しないためにも、キャッシングを利用するときはお金を使う目的と月々の返済金額を考えた上で申込みましょう。

くれぐれも借りすぎないことが大切です。必要なときに必要な分だけ借りて、決してそれ以上借りたりしないことを心がけましょう。

もし、お金が必要になるとあらかじめ分かっているのなら、前もって金利の低い銀行に申し込んでカードだけ手に入れておくのも賢いやり方です。消費者金融は即日融資ができますが金利が高いというデメリットがあります。

銀行のカードローンを利用できるようにしておけば、低い金利でキャッシングを利用することができますよ。
例えば三菱東京UFJ銀行のカードローン:バンクイックは職場への在籍確認なしで審査出来るの?をご覧になれば銀行キャッシングの良さがわかります。

ネットで匿名性が高くなったキャッシング事情

今の時代は何でもインターネットで出来てしまいますが、当サイトのメインテーマであるキャッシングも例外ではありません。今はパソコンはおろか、携帯電話からでもキャッシングの申し込みを行うことが出来ます。いえ、申込みを行うどころか、携帯電話上で全ての契約が完了してしまうのです。

これまでは来店し契約書を書き申込んだり、自動契約機でもその場に行く必要がありました。
しかし、今ではどこでも契約を申し込むことが可能です。

勿論、契約だけでなく、キャッシング自体も携帯電話から行うことが可能です。

もっと言えば、通勤電車にて電車に揺られながらキャッシングの契約を申し込むことだって可能な時代なのです。つまり、本当に誰にも会わずにお金を借りることが出来るようになった現代、匿名性と言いますか、プライバシーは少し前に比べてかなり向上したと言えるのでないでしょうか。

キャッシングをするという懸念点の一つに、誰にも知られたくないというものがあります。実はこの懸念点は非常に大きく、それがネックとなりキャッシングが出来なかったという方は大変多かったそうです。それが無くなり、今では誰にも知られることなくキャッシングが出来るようになりました。

その結果、今では女性のキャッシング利用者もかなり増えました。主婦や学生でも定期的な収入があればキャッシングが出来るので、そういう方の割合も近年ではすごく増えているようです。

このことで、これまでダークなイメージが強かったキャッシングも、今では利用者も増え、以前のようなダークなイメージは無くなったと言います。今後、もっと利用者が増えていけば、もしかしたら金利などが安くなる可能性もあるかもしれません。

昨今のキャッシングは本当に匿名性が高く、どんどんサービスも向上しています。
今後、キャッシング業界はどんどん伸びていく業種なのかもしれませんね。

キャッシング比較のやり方は簡単

キャッシング比較はコツさえ覚えれば簡単にできます。
最初に行うべきことは、何のためにお金を借りるのか明確にしておくことです。

それから、どのような条件で借りたいのか決めていきます。
用途がたくさんあって限定できない場合は、多目的ローンでないと対処できません。

用途が教育限定であれば、通常よりも低金利の商品がありますので、こちらを利用するといいでしょう。

借りる金額が総量規制を超えてしまう場合は、銀行を検討することになります。
消費者金融で借りる場合、おまとめなどの一部用途を除いて、総量規制を受けることになります。

おまとめ目的の場合に適用にならないケースがあるのは、返済計画の健全化という目的に該当するためです。

金利を低くするため、借入先を減らすため、といった理由がある場合は、目的がおまとめに限定されますので、目的ローンのように扱われることになります。

そのため、多目的ローンに適用となる総量規制から除外されるのです。
専業主婦で借りたい方の場合は、消費者金融よりも銀行が有利となります。

消費者金融は個々の経済力を重視する傾向がありますが、銀行は家庭の経済力を重視するのです。
専業主婦で収入がなくとも、家庭の収入がゼロでなければ借り入れが可能となります。

銀行は消費者金融よりも審査が厳格ですが、時と場合によっては消費者金融よりも借りやすくなることもあります。
キャッシング比較をするときは、用途、借り入れ条件、借りる人、といった条件で有利となる金融機関が変わることを知っておきましょう。

 

専業主婦でもキャッシング出来ますか?

専業主婦でもキャッシングが出来るのか?
最近このような質問をもらったので、そのことについて書いてみようと思います。

確かに、キャッシングの大前提として定期的な収入をお持ちの方…というのがありますが、専業主婦はその名の通り、家事に従事している訳ですから収入というのは基本的にはありません。そんな専業主婦がキャッシングなど出来るのでしょうか…。

…答えは、出来ます。

定期的な収入を持っていないのにどうやってキャッシングするのか…というと、総量規制の対象外となるキャッシングを利用すれば良いのです。

総量規制とは年収の1/3までしか借りることの出来ないルールですが、総量規制の対象外ということになれば年収の1/3までという概念が無くなり、無収入の方でもキャッシングが出来るということになる訳です。

では、総量規制の対象外となるキャッシング方法とは何か?

というと、銀行系カードローンのキャッシングということになります。

銀行系のカードローンは消費者金融系のカードローンとは違い総量規制の対象外となります。但し、審査は消費者金融系のものより厳しく、専業主婦の場合は旦那さんの職業や年収などが大きな要因となります。勿論、キャッシングをする専業主婦の方の信用情報も加味されます。過去に金融事故などを起こしていれば審査は通りにくくなると思って間違いありません。

また、実は他にも主婦がキャッシング出来る方法がもう一つあります。

それが配偶者貸し付けというものです。

これは夫婦の収入の1/3まで借入が出来るというもので、例え専業主婦の方の収入が無くても、旦那さんが300万円の収入であれば100万円までは借入が可能ということになります。

このようにいざという時の為に、専業主婦の方でも借入が可能ということを覚えておいて損は無いと思います。

学生でもキャッシング出来る?

キャッシングについてのよくある疑問として、学生でもキャッシングが出来るかどうか…というものがあります。

最近は携帯電話など学生でも当たり前に持っている時代になりましたので、普段何気なく生活しているだけでも生活コストがかかる時代になりました。

当然アルバイトをしている学生も多いのですが、学生というだけあって勉強もしなければいけずアルバイトだけしている訳にはいきません。そこで、今回は学生でもキャッシング出来るのか?について書いてみようと思います。

…と言っても学生がキャッシング出来ることの条件は非常に単純で、以下の2つの条件をクリア出来ればキャッシングが可能となります。

※※※学生がキャッシングする為の条件※※※

①20歳以上であること
②定期的な収入があること(アルバイトなどをしていること)

以上の条件を満たしていれば学生でもキャッシングが可能となります。学生というとその時点でキャッシングの審査に通らないというイメージをお持ちの方が多いようですが、実は上記の2つの条件を満たすだけで可能となるんです。

何かとお金のかかる学生時代です。

キャッシングを効果的に利用し、楽しく価値あるキャンパスライフを過ごす為にもおすすめと言えます。

但し、あくまで学生ですのでキャッシングを利用する際は限度額を少な目に設定し、本当に必要な時だけ利用するようにしましょう。

自分はお金の管理が苦手だ…という学生さんはキャッシングの利用はハッキリ言ってお勧め出来ません。そこで足を踏み外してしまうと楽しいキャンパスライフどころか、最悪な生活を送ってしまうことになりますのでご注意下さい。

キャッシング利用者の男女の傾向

キャッシングというとほとんどの利用者が男性だと思っていませんでしょうか?実は女性もキャッシングを多く利用しています。

キャッシングをする用途ですが、男性は遊びやギャンブル、飲み代などが多いのに対し、女性は美容関連や洋服、旅行なんかが多いようです。特に旅行なんかはある程度のまとまったお金が必要になってきますので、最近では旅行が理由でキャッシングをする女性がとても増えているそうです。

また、男性とは違い美容関連や洋服代にお金をつぎ込むのは、女性にとっての一種の使命感のようなものがあり、一度キャッシングを利用した方は借入と返済を繰り返し、なかなかキャッシングを利用している生活からは抜け出せない傾向があると言います。

また、男性で最も多いギャンブルによるキャッシングも、負けが込むと借入残高を自分の預金口座のATMと勘違いしてしまいい、まだ借りれる…と思ってどんどん借りてしまうそうです。せめてギャンブルに勝った時は返済に充てれば良いものを、これがなかなか出来ないそうで、気が付けば限度額いっぱいになっていた…ということがあるそうです。

そして、借金を返済出来なくなった時の行動も男女によって違いがあります。男性の場合は踏み倒したり、債務整理をしたりというパターンが多いそうですが、女性の場合は新たに他のカードローン会社と契約をし自転車操業を繰り返すそうです。

もちろん、女性でも踏み倒したり債務整理をする方もいますし、男性でも自転車操業をする方もいます。あくまで傾向が多いというだけで全ての男女がという訳ではありません。

ただ、やはり男性は一度で何とかなると思うような夢を見ている傾向が多いのに対し、女性は現実を見ている感じはしますね。

キャッシングは重要なライフラインの一つ

お金を借りるというのはあまり良いことではありません。
しかし、よくよく考えてみると電気料金だったり水道料金だったり、今では携帯電話の料金だったりと、基本的には使った分に対してお金を支払うシステムです。

お金を借りるとはちょっと違うニュアンスかもしれませんが、使用したものを後で支払っている以上、料金を支払うまではお金を借りていると同じことだとは思いませんか?

キャッシングも結局は借りた分に対して後で返済するということなので、基本的には電気料金や携帯電話料金と同じことだと思います。

但し、それが使用料金ではなく「お金」というだけで懸念を抱く方は少なくありません。やはりお金を借りることは良くないことだと言う人は多いのも確かです。

でも、それはお金が本当に無くなったことが無い人が言えることだと思います。本当にお金に苦労をしお金が無くなって何も出来なくなった…ということを経験されている方にとっては、お金が無くなるというのがどれほど無力なものか分かると思います。

例えば、東京に住んでいて電車賃も無くなってしまったとしたらどうやって移動しますか?歩いて移動するしかありません。しかし、常に歩いて移動していたらどれだけ時間と体力を消耗することでしょうか。

そんな時に助けとなってくれるのがキャッシングです。
キャッシングを勧める訳ではなく、万が一のライフラインとして契約出来る時に契約しておいた方が良いということです。

仮に、今安定した収入があって経済的に困っていなかったとしても、万が一のことを考えキャッシングの契約をしておいても損は無いと思います。

キャッシングをライフラインの一つと考え、いつでもお金が用意出来る準備を整えておくのは今の時代の常套手段だと私は思います。

キャッシングについての知識を深めましょう!

キャッシングというとあまり良いイメージをお持ちの方はいないと思います。
今では消費者金融と呼ばれソフトな感じに聞こえますが、かつてはサラ金と呼ばれており、特にご年配の方にとってはサラ金からお金を借りるなんてとんでもない…と思う方がほとんどだと思います。

近年、サラ金から消費者金融と呼ばれるようになり、また人と会わずにお金を借りれるようになった頃からお金を借りることに対する敷居が低くなったように思います。

ただ、それが引き金となりグレーゾーン金利というものが生まれてしまいました。グレーゾーン金利とは出資法という法律と利息制限法という2つの金利に対する法律のはざまに生まれた金利のことで、これにより債務者が実収入に伴わない多くのお金を借りれたり、多くの金利を支払うことが起こったりと色々な問題を生んでしまいました。

しかし、2010年、そのグレーゾーン金利が撤廃され消費者金融は更に安全に、そしてより身近に利用出来るものとなりました。実際問題として、このグレーゾーン金利の撤廃により、かつてのようなダークなイメージは年々払拭されているように思います。

今は何をするにもお金が必要な時代です。

例えば、今の時代は携帯電話を持っていなければ何も出来ません。どんな仕事をする上でも携帯電話は必ず必要となってくるツールだと思います。しかし、その携帯電話を借りるにもお金が必要となります。言ってみればお金が無ければ仕事をすることすらままならない時代とも言えると思います。

仕事をしたいのにお金がない…お金が無いから何も出来ない。
そんな人に活用して欲しいのが消費者金融です。

消費者金融は使い方を誤ってしまうと生活に支障をきたしてしまう場合がありますが、使い方さえ間違えなければとても便利なサービスです。

当サイトでは、そんな消費者金融、いわゆるキャッシングについての知識を深め、より便利に使ってもらおうと考え作られたサイトです。

キャッシングの知識を深める為にも是非ご活用頂ければと思います。