ネットで匿名性が高くなったキャッシング事情

今の時代は何でもインターネットで出来てしまいますが、当サイトのメインテーマであるキャッシングも例外ではありません。今はパソコンはおろか、携帯電話からでもキャッシングの申し込みを行うことが出来ます。いえ、申込みを行うどころか、携帯電話上で全ての契約が完了してしまうのです。

これまでは来店し契約書を書き申込んだり、自動契約機でもその場に行く必要がありました。
しかし、今ではどこでも契約を申し込むことが可能です。

勿論、契約だけでなく、キャッシング自体も携帯電話から行うことが可能です。

もっと言えば、通勤電車にて電車に揺られながらキャッシングの契約を申し込むことだって可能な時代なのです。つまり、本当に誰にも会わずにお金を借りることが出来るようになった現代、匿名性と言いますか、プライバシーは少し前に比べてかなり向上したと言えるのでないでしょうか。

キャッシングをするという懸念点の一つに、誰にも知られたくないというものがあります。実はこの懸念点は非常に大きく、それがネックとなりキャッシングが出来なかったという方は大変多かったそうです。それが無くなり、今では誰にも知られることなくキャッシングが出来るようになりました。

その結果、今では女性のキャッシング利用者もかなり増えました。主婦や学生でも定期的な収入があればキャッシングが出来るので、そういう方の割合も近年ではすごく増えているようです。

このことで、これまでダークなイメージが強かったキャッシングも、今では利用者も増え、以前のようなダークなイメージは無くなったと言います。今後、もっと利用者が増えていけば、もしかしたら金利などが安くなる可能性もあるかもしれません。

昨今のキャッシングは本当に匿名性が高く、どんどんサービスも向上しています。
今後、キャッシング業界はどんどん伸びていく業種なのかもしれませんね。

キャッシング比較のやり方は簡単

キャッシング比較はコツさえ覚えれば簡単にできます。
最初に行うべきことは、何のためにお金を借りるのか明確にしておくことです。

それから、どのような条件で借りたいのか決めていきます。
用途がたくさんあって限定できない場合は、多目的ローンでないと対処できません。

用途が教育限定であれば、通常よりも低金利の商品がありますので、こちらを利用するといいでしょう。

借りる金額が総量規制を超えてしまう場合は、銀行を検討することになります。
消費者金融で借りる場合、おまとめなどの一部用途を除いて、総量規制を受けることになります。

おまとめ目的の場合に適用にならないケースがあるのは、返済計画の健全化という目的に該当するためです。

金利を低くするため、借入先を減らすため、といった理由がある場合は、目的がおまとめに限定されますので、目的ローンのように扱われることになります。

そのため、多目的ローンに適用となる総量規制から除外されるのです。
専業主婦で借りたい方の場合は、消費者金融よりも銀行が有利となります。

消費者金融は個々の経済力を重視する傾向がありますが、銀行は家庭の経済力を重視するのです。
専業主婦で収入がなくとも、家庭の収入がゼロでなければ借り入れが可能となります。

銀行は消費者金融よりも審査が厳格ですが、時と場合によっては消費者金融よりも借りやすくなることもあります。
キャッシング比較をするときは、用途、借り入れ条件、借りる人、といった条件で有利となる金融機関が変わることを知っておきましょう。

参考:お金借りるローン※今すぐお金を借りるならココ

専業主婦でもキャッシング出来ますか?

専業主婦でもキャッシングが出来るのか?
最近このような質問をもらったので、そのことについて書いてみようと思います。

確かに、キャッシングの大前提として定期的な収入をお持ちの方…というのがありますが、専業主婦はその名の通り、家事に従事している訳ですから収入というのは基本的にはありません。そんな専業主婦がキャッシングなど出来るのでしょうか…。

…答えは、出来ます。

定期的な収入を持っていないのにどうやってキャッシングするのか…というと、総量規制の対象外となるキャッシングを利用すれば良いのです。

総量規制とは年収の1/3までしか借りることの出来ないルールですが、総量規制の対象外ということになれば年収の1/3までという概念が無くなり、無収入の方でもキャッシングが出来るということになる訳です。

では、総量規制の対象外となるキャッシング方法とは何か?

というと、銀行系カードローンのキャッシングということになります。

銀行系のカードローンは消費者金融系のカードローンとは違い総量規制の対象外となります。但し、審査は消費者金融系のものより厳しく、専業主婦の場合は旦那さんの職業や年収などが大きな要因となります。勿論、キャッシングをする専業主婦の方の信用情報も加味されます。過去に金融事故などを起こしていれば審査は通りにくくなると思って間違いありません。

また、実は他にも主婦がキャッシング出来る方法がもう一つあります。

それが配偶者貸し付けというものです。

これは夫婦の収入の1/3まで借入が出来るというもので、例え専業主婦の方の収入が無くても、旦那さんが300万円の収入であれば100万円までは借入が可能ということになります。

このようにいざという時の為に、専業主婦の方でも借入が可能ということを覚えておいて損は無いと思います。

学生でもキャッシング出来る?

キャッシングについてのよくある疑問として、学生でもキャッシングが出来るかどうか…というものがあります。

最近は携帯電話など学生でも当たり前に持っている時代になりましたので、普段何気なく生活しているだけでも生活コストがかかる時代になりました。

当然アルバイトをしている学生も多いのですが、学生というだけあって勉強もしなければいけずアルバイトだけしている訳にはいきません。そこで、今回は学生でもキャッシング出来るのか?について書いてみようと思います。

…と言っても学生がキャッシング出来ることの条件は非常に単純で、以下の2つの条件をクリア出来ればキャッシングが可能となります。

※※※学生がキャッシングする為の条件※※※

①20歳以上であること
②定期的な収入があること(アルバイトなどをしていること)

以上の条件を満たしていれば学生でもキャッシングが可能となります。学生というとその時点でキャッシングの審査に通らないというイメージをお持ちの方が多いようですが、実は上記の2つの条件を満たすだけで可能となるんです。

何かとお金のかかる学生時代です。

キャッシングを効果的に利用し、楽しく価値あるキャンパスライフを過ごす為にもおすすめと言えます。

但し、あくまで学生ですのでキャッシングを利用する際は限度額を少な目に設定し、本当に必要な時だけ利用するようにしましょう。

自分はお金の管理が苦手だ…という学生さんはキャッシングの利用はハッキリ言ってお勧め出来ません。そこで足を踏み外してしまうと楽しいキャンパスライフどころか、最悪な生活を送ってしまうことになりますのでご注意下さい。

キャッシング利用者の男女の傾向

キャッシングというとほとんどの利用者が男性だと思っていませんでしょうか?実は女性もキャッシングを多く利用しています。

キャッシングをする用途ですが、男性は遊びやギャンブル、飲み代などが多いのに対し、女性は美容関連や洋服、旅行なんかが多いようです。特に旅行なんかはある程度のまとまったお金が必要になってきますので、最近では旅行が理由でキャッシングをする女性がとても増えているそうです。

また、男性とは違い美容関連や洋服代にお金をつぎ込むのは、女性にとっての一種の使命感のようなものがあり、一度キャッシングを利用した方は借入と返済を繰り返し、なかなかキャッシングを利用している生活からは抜け出せない傾向があると言います。

また、男性で最も多いギャンブルによるキャッシングも、負けが込むと借入残高を自分の預金口座のATMと勘違いしてしまいい、まだ借りれる…と思ってどんどん借りてしまうそうです。せめてギャンブルに勝った時は返済に充てれば良いものを、これがなかなか出来ないそうで、気が付けば限度額いっぱいになっていた…ということがあるそうです。

そして、借金を返済出来なくなった時の行動も男女によって違いがあります。男性の場合は踏み倒したり、債務整理をしたりというパターンが多いそうですが、女性の場合は新たに他のカードローン会社と契約をし自転車操業を繰り返すそうです。

もちろん、女性でも踏み倒したり債務整理をする方もいますし、男性でも自転車操業をする方もいます。あくまで傾向が多いというだけで全ての男女がという訳ではありません。

ただ、やはり男性は一度で何とかなると思うような夢を見ている傾向が多いのに対し、女性は現実を見ている感じはしますね。

キャッシングは重要なライフラインの一つ

お金を借りるというのはあまり良いことではありません。
しかし、よくよく考えてみると電気料金だったり水道料金だったり、今では携帯電話の料金だったりと、基本的には使った分に対してお金を支払うシステムです。

お金を借りるとはちょっと違うニュアンスかもしれませんが、使用したものを後で支払っている以上、料金を支払うまではお金を借りていると同じことだとは思いませんか?

キャッシングも結局は借りた分に対して後で返済するということなので、基本的には電気料金や携帯電話料金と同じことだと思います。

但し、それが使用料金ではなく「お金」というだけで懸念を抱く方は少なくありません。やはりお金を借りることは良くないことだと言う人は多いのも確かです。

でも、それはお金が本当に無くなったことが無い人が言えることだと思います。本当にお金に苦労をしお金が無くなって何も出来なくなった…ということを経験されている方にとっては、お金が無くなるというのがどれほど無力なものか分かると思います。

例えば、東京に住んでいて電車賃も無くなってしまったとしたらどうやって移動しますか?歩いて移動するしかありません。しかし、常に歩いて移動していたらどれだけ時間と体力を消耗することでしょうか。

そんな時に助けとなってくれるのがキャッシングです。
キャッシングを勧める訳ではなく、万が一のライフラインとして契約出来る時に契約しておいた方が良いということです。

仮に、今安定した収入があって経済的に困っていなかったとしても、万が一のことを考えキャッシングの契約をしておいても損は無いと思います。

キャッシングをライフラインの一つと考え、いつでもお金が用意出来る準備を整えておくのは今の時代の常套手段だと私は思います。

キャッシングについての知識を深めましょう!

キャッシングというとあまり良いイメージをお持ちの方はいないと思います。
今では消費者金融と呼ばれソフトな感じに聞こえますが、かつてはサラ金と呼ばれており、特にご年配の方にとってはサラ金からお金を借りるなんてとんでもない…と思う方がほとんどだと思います。

近年、サラ金から消費者金融と呼ばれるようになり、また人と会わずにお金を借りれるようになった頃からお金を借りることに対する敷居が低くなったように思います。

ただ、それが引き金となりグレーゾーン金利というものが生まれてしまいました。グレーゾーン金利とは出資法という法律と利息制限法という2つの金利に対する法律のはざまに生まれた金利のことで、これにより債務者が実収入に伴わない多くのお金を借りれたり、多くの金利を支払うことが起こったりと色々な問題を生んでしまいました。

しかし、2010年、そのグレーゾーン金利が撤廃され消費者金融は更に安全に、そしてより身近に利用出来るものとなりました。実際問題として、このグレーゾーン金利の撤廃により、かつてのようなダークなイメージは年々払拭されているように思います。

今は何をするにもお金が必要な時代です。

例えば、今の時代は携帯電話を持っていなければ何も出来ません。どんな仕事をする上でも携帯電話は必ず必要となってくるツールだと思います。しかし、その携帯電話を借りるにもお金が必要となります。言ってみればお金が無ければ仕事をすることすらままならない時代とも言えると思います。

仕事をしたいのにお金がない…お金が無いから何も出来ない。
そんな人に活用して欲しいのが消費者金融です。

消費者金融は使い方を誤ってしまうと生活に支障をきたしてしまう場合がありますが、使い方さえ間違えなければとても便利なサービスです。

当サイトでは、そんな消費者金融、いわゆるキャッシングについての知識を深め、より便利に使ってもらおうと考え作られたサイトです。

キャッシングの知識を深める為にも是非ご活用頂ければと思います。